日韓国際結婚カップルは、日韓問題で夫婦喧嘩をするのか?

「韓国人の夫とは、日韓問題で夫婦喧嘩をすることはあるのか??」

質問されたことはないのですが、聞けないだけで気になっている方は結構いるのではないかと思います。こんなことなかなか聞けないですよね😆

ここでは、あくまでもうちの場合をお話しします

1.日韓カップルのケンカの原因

うちの場合、基本的には仲が良いのですが、韓国人だからとか関係なく、許せない行動ってありますよね?

それが原因で言い合いになることはありますが、喧嘩と言うほどではありません。

 

余談ですが、韓国語って日本語よりも語調が強いんです。ジョン様(夫)は南の地域出身のため訛りが強く更に語調も強いので、普段から喧嘩を売っているかのような口調だったりするんですね。(釜山方面は訛りが強いんです)
なので、ジョン様と話して居るとこんなことが良くあります。

子供
喧嘩はやめて!!
違うよ。話し合っているだけなんだけど💧

 

話しを戻すと、うちではどこの夫婦にもあるような喧嘩が喧嘩の原因のほとんどです。

でもたまに、日本と韓国という国のことでバチバチすることはありますね。。

<<目次に戻る

2.メディアの情報は正しいのか?

韓国のニュース番組を見ていると、かなりの頻度で日本のニュースが流れます。今はどんなニュースが流れているのか知りませんが、私が韓国に居た当時は反日ニュースではなく、日本でこんなことがあった、こういうことがあった、と日本での出来事を伝える普通のニュースがほとんど。そしてたまに反日?と思われるニュース。

なので、韓国にいたとき、韓国が流す日本のニュースばかりを見ていたら、「日本て嘘つき?もしかしてひどいかも・・」なんてたまに思ったこともありました。

そして日本に来て、私は日本のニュースを多く目にしていると、今度は「韓国って嘘つきだな。ひどい国だ・・」なんて思うようになりました。

流されまくっている私・・・💧

 

でも、最近は日本と韓国の関係があまりよろしくないので、たぶん韓国も日本もそれぞれ言っていることが違うんだと思います。

誰でも自分の正当性を主張しようとして、事実をちょっと都合の良いように曲げたり、事実を話したとしても自分に都合の良い情報だけを伝えたり、または違う角度から話をしたりすることってありませんか?

うちで子供達を見ているとそんなこと毎日やっています。

つまり何が言いたいかというと、日本または韓国の片方の情報だけを見ていると本当の事実が何だか分からないんです。それが私とジョン様の意見の違いや考えの違いに繋がっています。

そして、ジョン様は日本語のニュースを理解できるどの日本語力はありません。私も韓国語のニュースを100%理解出来るほど韓国語が堪能ではありません。ジョン様はほぼ100%韓国の情報+反日教育。私は90%日本の情報、10%は韓国の情報。

なので、どうしても食い違いが生じます。最近はお互いの情報が違いすぎて、一体何が事実なのかさえ分かりません😥

 

子供
国際的には日本はこう言われているんだ
英語読めないでしょ。その[国際的]って、[韓国語に変えられた国際的]でしょ。訳した人の考えが入ってるでしょ

 

こんな会話をして思ったのですが、日本でも同じようなことがあるのかもしれないな・・・って。都合の悪い部分は訳さず、抜粋して都合の良い情報にしてしまう・・・なんてことだってありえますよね。

こういった記事だって、伝える側の思いが入るので、気づかないうちに事実を歪めているかもしれない。

そんなことあって欲しくないのですが、ジョン様と私のやり取りを振り返ってみると、そんなこともありそうだなぁなんて。

<<目次に戻る

3.反日教育・反韓教育

ただ言えるのは、韓国は反日教育をしているので、その時点ですでに考えが合わないと言うこと。私は日本人なので、やはり日本を批判されると腹が立つんですね(ジョン様を通して始めて知りました)。ジョン様は普段は全く表に出しませんが、反日教育を受けてきているので、考え方自体がどうしても反日から抜け出せない。。

ジョン様と話していると「反日教育を受けてきているからそういう考えに行き着くのか?」とも思うのですが、ジョン様は全くそれが分かっていないし、それを指摘すると怒る。

でもよく考えてみたら、日本のニュースばかりを見ている私は知らないうちに反韓教育をされているのかもしれない・・・なんて思いました。私もジョン様に韓国の視点の日本のことを指摘されると私も怒る💢ジョン様と全く同じ反応をしているんです😆笑い事じゃないですが・・・

意見が合うはずがありませんよね。。

<<目次に戻る

4.日韓関連の夫婦喧嘩

記事を書いていて感じたのは、うちの家庭でも日本と韓国の国同士の喧嘩が、家庭レベルで繰り広げられているってことですね。

本当にたまに、最近は2~3ヶ月に1回ほど日本対韓国の喧嘩がうちの家庭でも勃発するのですが、反日教育を受けた韓国人と日本人との喧嘩は、お互いに譲らないので、どこまで行っても平行線です。話し合いから始まっても、お互いに自分の国を信じているので、話し合いがヒートアップして、喧嘩に発展するんです。

でも最近では日本と韓国の仲が複雑過ぎて、うちでは国際関係の会話はタブーになっています。。

なので、最近はこれが原因で喧嘩をすることはありません。口にしたら喧嘩になってしまうとお互いに分かっているので。

<<目次に戻る

5.まとめ

勘違いして欲しくないのは、私は韓国も韓国人も好きということです。

知り合いの韓国人達はみんな同じ事を言っています。

「隣の国なんだから仲良くしないといけないのに」と。

知り合いの韓国人みんなですよ。

日韓関係が悪くても、反日教育を受けてきていても、日本や日本人を攻撃してくる人は私の周りには居ません。韓国人、心が広くて深くて温かくて、一緒に居るとホッとできる雰囲気を作ってくれる民族なんです。

韓国人のことを知れば、きっと好きになると思うのですが。。

とは言え、嘘ついたり、騙したりする人も居るので、そこは要注意ですよ。日本にだってそういう人達いますよね。同じです。

 

今日も素敵な一日でありますように。

<<目次に戻る

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村