3才娘の使う、日本語と混ざったおかしな韓国語

娘が3才になりたて頃に言っていた、日本語と混ざった面白い韓国語を紹介します。

韓国語が分からない方にはちょっと難しい内容かもしれませんが、基本的には初期に学ぶ単語しか使っていません

例① 「モッコたい!」(먹고たい!)

これは最初は何を言っているのか分からなかったのですが、目の前のお菓子をゆびさしているので分かりました。

モッコ(먹고)たい!

먹고たい!

食べ(먹[モk])たい(고 싶어요[コ シッポヨ])

 

●「」は「먹다(食べる)」

●「~고 싶어요」は「~したい」

「食べる」が韓国語の「먹다」「~したい」が日本語、この2つが組み合わさって、먹고(モッコ)たいとなったんですね。

「食べたい(먹고 싶어요[モッコ シッポヨ])」を、まさか「モッコたい」と言うなんて・・・😅

<<目次に戻る

例② 「モゴれる?」(먹어れる?)

この「モゴれる」ですが、例①の「モッコたい」の前例があったので、すぐに分かりました。

皆さん、何のことか分かりますか?

モゴ(먹어)+れる

먹어れる

을 수 있어요?食べれる?)」

 

●「먹어」は「먹다(モkタ)」で「食べる」

●「~을 수 있어요?」は「~出来る?(出来ますか?)」

なので「食べれる?」と聞きたいところ、「食べる」が韓国語の「먹다」+「~れる」が日本語먹어(モゴ)れる?と言ったんですね😆

<<目次に戻る

例③ 「オシッコ」(옷이 입고)

これは分からないですよね。

娘は「옷을 입고[オスr イpコ](服を着て)」を「 옷이 입고[オスr イpコ](服が着たい)」と言ったんです。

毎日のように言っている「オシッコ」という単語と似ているから、こんがらがったのかな??😆

この「オシッコ(옷이 입고)」については他のページでも紹介しているので、詳しくはそちらをご参照下さい。↓↓↓

韓国語で「~したい」は何と言う??子供が「オシッコ」と言ったけど、”옷이 입고(服が 着て)”だった。

2019.08.03

<<目次に戻る

おわりに

子供の頃には言語が混合することが良くあります。

ちょうど韓国語と日本語の混合について、経過を追って書かれている論文を見つけました。国際結婚家庭の子供の言語発達について興味がある方は是非ご一読下さい。
↓↓↓

同時バイリンガル幼児の言語習得課程に見られる2つの言語の「混合」と「干渉」

うちの子供達と本当に同じような経過を辿っています。家庭内で2カ国語を使用する家庭の子供達は、みんな同じような感じなんですね😆

 

今日も素敵な一日でありますように。

<<目次に戻る

 にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村